ターサーブリッツCA、試走インプレッション。

blitz_tora.jpg

今シーズンのパートナーとなるランニングシューズを新調しました。さっそく試走してきましたのでインプレッションをお届けします。購入したのはアシックス「ターサーブリッツCA」。ターサーファミリーであることを示す「虎走」の二文字が燦然と輝いています。

ターサー(タイガーレーサー)シリーズはアシックスの中では、「一般ランナーのレーシング」または「競技者のトレーニング」モデルという位置付け。そしてこの「ターサーブリッツ」は、同じくターサーシリーズの「ゲイル」をベースに、「ある機能」を付加したモデルです。 

blitz_zentai.jpg

「ある機能」とは「レーシングスタビリティ」という機能。下の写真を見てください。ゲイル(写真奥)と比べると一目瞭然。ブリッツはかかと全体を包み込むような構造になっています。

blitz_sta_hikaku.jpg

スタビリティ(stability)とはつまり「安定性」のことで、「レーシングスタビリティ」はズバリ「高速走行時に安定性を維持する」機能ということになります。

blitz_stability.jpg

レーシングスタビリティ部分はけっこうゴツイのでクッションに見えますが、機能はまったく異なります。見た感じ、ゲイルに比べて「重そうだ」と思いましたが、実際はそうでもありませんでした。レーシングスタビリティ以外は、アウトソールの形状や外見のデザインなどゲイルとほとんど同じ。

blitz_hikaku.jpg

靴紐を入念にを何度も微調整してフィッティング完了。さっそく試走に出かけました。走り出しの第一印象は「ゲイルに比べて少しだけ柔らかいかな?」という印象。自分の脳みそが、スタビリティによるホールド感を着地の「柔らかさ」として認識したのでしょうか。

判断がつきかねましたので、ツイッターでシューズマスターに質問をぶつけてみました。 シューズマスターいわく「ゲイルの方が硬い(と感じる)」とのご回答。「使用している素材は同じだが、デザインの違いで補強の弾性変形率が変わり、硬度の違いとして感じる」のではないかという解説もいただきました。

うーん、なるほど納得!さすがです。 柔らかく感じるといってもそこはターサー。「タッタッタ!」と軽快に足が運べるところはゲイルと変わりません。試走の結果は「合格」。クッショニングモデルからゲイルにチェンジしたときは、そのキビキビとした走りにホレボレしたものです。

しかし今回はゲイルからブリッツへのチェンジなので、正直いって大きな感動はありませんでした。 試走を行ったのは夜間だったのでスピードが出せませんでしたが、次回はブリッツならではの「高速安定性能」を試してみたいと思います。

ちなみにターサーブリッツCAは「限定品」ということですが、何が「限定」なのかよくわかりません。カラーが限定?CAってなに?わかる方、教えてください。 さて、この世にゴマンと存在するランニングシューズはまさに千差万別。Aさんにとって「良い」シューズがBさんにとって「悪い」シューズになるケースが少なくありません。

年月をかけて何足か履き比べ、ときにはシューズマスターのような専門家に色々とたずねながら「今の自分」に合ったシューズをその時々で選んでいくしかないと思っています。