休日のファンランにぴったり!刈谷市を舞台にした本格謎解きゲーム。

提示されたクエストを解きながらゴール(答え)にたどり着く、いわゆる「謎解きゲーム」。謎を解くには町をめぐる必要があるため、ランニングとの相性ぴったりなのです。

自分も他人も快適に!ランニング中の汗対策あれこれ。

これから蒸し暑くなるにつれ、少し走っただけでも汗が流れます。本人は爽快な気分でも、他人からみれば「汗ダラダラの人」が隣にいるだけで不快なもの。汗ダクになる機会が多いランナーは、とくに周囲への気配りが必要です。

実走!名古屋RUNコースvol.140「多度山・眺望満喫コース(桑名市)」。

養老山地の南端に位置する多度山を走ってきました。最寄り駅(養老鉄道多度駅)まで名古屋から約40分とアクセスの良さもあり、ナゴヤランナーのガチ練ポイントとして人気があります。

暑い日のランニングのメリット!「汗腺強化」で本格的な夏に備える。

ゴールデウィーク中は全国的に気温が上がり、上着いらずの暑さとなりました。このままいくと今年の夏はどうなってしまうのでしょうか。

いびがわマラソン2024のエントリーが6/17開始!ただしフルは今年も見送り。

11月10日に開催を予定している「いびがわマラソン2024」。フルマラソンの復活は3年連続でおあずけとなりました。

前半の貯金、じつは借金!マラソンを成功に導く意識の転換とは?

レースで「成功」するには様々な要件が揃う必要があり、中でも「ペース設定」はもっとも重要な要素の一つではないでしょうか。

4年ぶりに「大会100選」発表!愛知県からは唯一あの大会がランクイン。

マラソン大会を選ぶ際、もっとも参考になる指標の一つ「全国ランニング大会100選」が、コロナ禍の休止を経て4年ぶりに発表されました。あなたのまちの大会は入っていますか?

初夏の旅ランに!いま注目の福井県でスポーツイベント開催。

北陸新幹線の金沢〜敦賀間の開業により、いま全国から注目を集める福井県。先日開催された「ふくい桜マラソン」も大いに盛り上がるなど、“福井フィーバー”はしばらく続きそうです。

じつはランニングスポット天国!東海市でパン&ファンランはいかが。

名古屋市の南に隣接する東海市には、優良なランニングスポットが充実していることをご存知でしょうか。

東京・奈良に相次いでランナー向け施設がオープン。

日本各地で一時期流行した、コインロッカーやシャワーを完備したランナー向け施設。ブームが去るとその数は激減し、生き残っている施設は数えるほど。しかし最近、相次いで新たな施設がオープンし話題になっています。

“俺たちのコンバース”がランニングシューズに再参入。

コンバースオールスター。この言葉に懐かしさを感じる元少年少女は多いはず。今から数十年前、私も中高校生時代に履いていました。というより、みんな履いていました。

実走!名古屋RUNコースvol.139「桜ネックレス(稲沢市)」。

知る人ぞ知る桜の名所、稲沢市平和町の「桜ネックレス」をお花見ランしてきました。

よりフラットな観光コースに変更!第3回にしおマラソンの概要が判明。

1月に開催された、愛知県で唯一*1の市民マラソン「にしおマラソン」。その余韻さめやらぬうちに、早くも第3回大会の概要が発表されました。 *1:男女が出場できる自治体主催フルマラソン大会

トレランの下見にも!「ザ・ハイク鈴鹿セブンマウンテンズin御在所岳」参加者募集中。

岐阜県・三重県・滋賀県との県境沿いにそびえる鈴鹿山脈。その代表的な7つの山を総称して「鈴鹿セブンマウンテン」と言い、地元の登山愛好家やトレイルランナーに親しまれています。

【秋フル一覧】早くも心は秋マラソンへ!主要大会のエントリーラッシュ始まる。

まだ桜も咲いていないこの時期、ランナーの心は早くも秋マラソンに飛んでいることでしょう。主要フルマラソン大会が続々と大会概要を発表し、エントリーもいよいよ本格スタート。そこで本日は、9・10・11月に開催予定の市民マラソン エントリー情報をお届け…

旅ラン日本 vol.58【倉敷美観地区を走る(岡山県倉敷市)】

和洋の歴史的建築物が軒を連ねる、岡山県倉敷市の「倉敷美観地区」を旅ランしてきました。

気軽に個人利用可能!愛知県美浜町の本格陸上競技場が6月30日オープン。

昨年夏に取り上げた、愛知県美浜町の陸上競技場整備計画。先日、具体的な施設概要とオープン日が発表されました。

新たなランニングコースが供用開始!お花見スポットでもある豊川公園へGo!

もうすぐお花見RUNシーズン。注目のスポットは、新たにランニングコースが整備された豊川公園(愛知県豊川市)とその周辺です。

完走ペースのゆっくりペースメーカーの方がプレッシャーも大きい!?

何かと話題のペースメーカー。まともなランナーをしていた10年ほど前、私もその大役を仰せつかったことがあり、思い出すだけでも胃がキリキリと痛みます。

エントリーが間に合う!「北陸応援割」期間中(4/27まで)に開催されるマラソン大会。

「北陸応援割」の受付が始まりました。どうせならマラソン大会と組み合わせて利用したい!ということで、期間内に開催かつ今からエントリーできる大会をピックアップしてみました。

見応えある執念の走り!名古屋ウィメンズマラソン2024を観戦。

今年も名古屋ウィメンズマラソンを沿道から観戦。鈴木亜由子選手、安藤友香選手、加世田梨花選手ら日本のトップランナーがパリオリンピック代表の座をかけ、日本記録という高い壁に挑みました。

今年も「応援ナビ」使えず!名古屋ウィメンズマラソン開催迫る。

ここ最近、急上昇している検索ワードが「名古屋ウィメンズマラソン 応援ナビ」です。結論からいうと、ウィメンズマラソンでは応援naviを使えません。

キロ2分51秒を体感!マラソンの世界記録にチャレンジするイベント開催。

マラソンの公認世界記録といえば、ケルヴィン・キプタム(先月残念ながら早逝)が昨年のシカゴマラソンで叩き出した2時間00分35秒。時速でいえば21km/hで、キロ2分51秒。この驚異的なペースを体感し、自らの脚で世界記録に挑むイベントが開催されます。

今度は長崎!香川に続き長崎で新規フルマラソン計画。

先日、香川県のフルマラソン計画を取り上げましたが、今度は長崎県(諫早市)が名乗りをあげました。

「そうじゃ吉備路マラソン2024」実走レポ後篇【レース篇】

※実走レポ前篇【大会の魅力】より続く。 大会当日は早朝から雨。しかし徐々に雨脚が弱くなり、スタート時にはすっかり上がり絶好のレース日和に。気温は10℃を切っていたと思いますが、極寒というほどでもなくコンディションとしては最高でした。

「そうじゃ吉備路マラソン2024」実走レポ前篇【大会の魅力】

2月25日に行われた「そうじゃ吉備路マラソン2024」を実走取材してきました。コロナ禍による中止や縮小を経て、5年ぶりにようやくフルスペックでの開催です。

日本で2027年開催!誰でも出場できる世界的なスポーツ競技会。

今から3年後の2027年、日本で世界的なスポーツ競技会が開催されることをご存でしょうか。しかも一般人が選手として参加できる市民のためのスポーツ競技会です。

オープンベース開催!見学後におすすめの小牧基地周辺エアランコース。

きたる3月3日(日)、航空自衛隊小牧基地にて「オープンベース」(航空祭)が開催されます。混雑回避のためにも、ランナーならランニングで訪れるのが一番。ということで、オープンべース見学後におすすめの小牧基地周辺エアランコースをご紹介します。

もうすぐ猫の日!ナゴヤエリアの猫に出会える「猫ラン」コース5選。

2月22日は2が3つでニャンニャンニャン♪・・・ということで「猫の日」と定められています。これは、猫好きの作家や学者など文化人で構成される「猫の日実行委員会」により、1987年に制定されました。そこで本日はきたる猫の日を前に、猫に出会えるナゴヤエリ…

陸上競技場オープン間近の美浜町を舞台にフォトロゲイベント開催。

新たな陸上競技場を建設中の愛知県美浜町。その風光明媚なロケーションを活かしたロゲイニングイベントが開催されます。