北海道マラソン2010参戦決定。

「いつか出てみたい」。そう思う大会がいくつかあります。北海道マラソンもその一つでした。しかし北海道となると旅費もかさみます。ここ3年ぐらい、毎年ウジウジと悩んでいるうちにエントリーが締め切られるというパターンを繰り返していました。これでは「いつか」は永遠にやってこないと思い立ち、酒の力を借りてポチッと申し込んでしまいました。 hokkaido002.jpg 毎年、長野マラソンが終わったあとはターゲットレースがなくなるため、プチ・バーンアウト状態に陥り走行距離が極端に落ちます。夏場に日帰りで行けるトレイルランニングレースを入れたりしてリズムを作っていましたが、やはりフルマラソンじゃないと強いモチベーションの原動力にはなりませんでした。 その点、北海道マラソンは年間を通してもメインとなり得るビッグ・レースです。8月にこのように大きな目標ができたことで、次のシーズンをスムーズに迎えらるというメリットもありそう。 北海道マラソンといえば夏。夏といえば暑さです。前回大会は例外的に涼しくて21.2℃(それでもマラソンを走るには高温ですが)。30℃を超えている年も多く、暑さ対策こそが最大のポイントであることがわかります。 夏のフルマラソンは経験ありませんが、3年前の小布施見にマラソンでハーフを走ったことはあります。記録は、冬のレースより10分も遅いタイムでした。暑さがそこまでパフォーマンス低下を招くことをそのとき初めて実感しました。 北海道マラソンを走るにあたっての課題はとにかく「暑さに対する耐性」をつくること。さいわいにも名古屋の夏はうっとーしーぐらい暑いので、耐暑トレーニングには最適です。40℃近くの酷暑日は積極的にレースペースでロングを走り、暑さに強い心と体を作り上げたいと考えています。 ところで、名古屋~札幌間の旅費が想像以上に安かったことも参戦の決め手となりました。エアとホテル(2泊3日)で4万円切るんですね。しかもホテルはそれほどボロくありません(高級でもありません)。ラーメンや観光も楽しみです。