人間関係に疲れた!?「お一人様」ランナーが増加中。

ランニングは基本的に単独競技。1人で完結できるからこそ、誰でも気軽に始められるといえます。ゴールドウインが実施した「スポーツを楽しむサラリーマン・OL」に関する調査によると、現在行っているスポーツのうちトップがウォーキング(47.5%)、2位がランニング(43.1%)という結果となりました。 sports01.jpg 上位には他にも筋トレ、ストレッチ、スポーツジム、ヨガ、ピラティスなど1人でできるものばかり。この傾向を裏付ける結果として、「誰と一緒にスポーツするか」という質問には「一人」と回答した人が52.1%と半数を超えました。 sports02.jpg これは前々回調査の48.3%から増えており、スポーツシーンにおいて「お一人様」を好む傾向が強くなっています。 同じ質問で「スポーツ仲間」と回答する人が前々回は20.6%だったのに対し、今回は12.9%と大幅ダウン。仕事以外の余計なしがらみや人間関係を面倒に感じる現代人の特徴なのでしょうか・・・。 全国のリレーマラソン主催者は、お一人様ランナー増加を見越して「ソロの部」を設けたほうがいいかも? 「スポーツの目的」に対する回答は「健康のため」が72.9%とダントツのトップ。一方、「大会出場・記録更新のため」がわずか4.6%というのは意外でした。まあ、ウォーキングなど競争(走)要素がないスポーツも対象にしているため割合が低くなるのは当然ですが。 「今後やってみたい・続けたいスポーツは?」という質問に対しては、ウォーキングを押さえてランニング(ジョギング)が堂々の1位(30.2%)。 中でも驚いたのは、20代の男女もランニングが人気No.1だったこと。ひとむかし前はランニングなんて変わり者の中年が好む地味な趣味だったはずなのに、今では20代の若者の「やってみたい・続けたいスポーツNo.1」・・・時代の移り変わりを感じます。 ■ゴールドウイン公式Webサイト