富士登山競走のカジュアル版!?富士山を走れるレースが新たに誕生!

富士山を走るといえば「富士登山競走」を思い浮かべる人は多いでしょう。屈強のランナーが挑むイメージが強く、とくに山頂コースは一般のランナーにはかなりハードルが高いのも事実。そんな富士登山競走のカジュアル版ともいえるレースが誕生しました。

◯◯リレーがマラソン大会の新たなトレンドになる!?

最近、マラソン大会が早々に定員に達するなど、明るいニュースが増えてきたような気がします。しかし依然として誘客に苦戦する大会のほうが多いのではないでしょうか。その打開策の一つと目されているのが「ペアリレーマラソン」です。

今夏の気温は全国的に「高い」見込み・・・ランナーには厳しい夏に。

今年もいよいよ6月。来週はおおむね25℃以上、ところによっては30℃を超える予報。いよいよ夏本番に向かっていくわけですが、気になるのは今夏(6・7・8月)の暑さ。昨年同様、ランナー泣かせの酷暑な毎日がやってくるのでしょうか。

出場しないのにマラソン大会へ!「応援ラン」「観戦ラン」が楽しい。

多様化するランニングの楽しみ方のひとつに「応援ラン」というスタイルがあります。マラソン大会に参加する友人や家族の応援がてらランニングを楽しむ旅ランの派生形です。

ランニングシューズ選びは「より速く」から「より楽に」へ。

以前はランニングシューズに「より速く」を求めていましたが、最近は「より楽に」へと変わってきました。理想を満たすランニングシューズを探しているうち見つけたのがナイキの「リアクト」シリーズです。

注目の福井でこの夏、ふくい桜マラソン公認ナイトランイベント開催。

北陸新幹線の金沢〜敦賀間が開業して2カ月あまり。名古屋から福井への直通列車がなくなり不便になりましたが、ここは北陸新幹線の乗車自体をアトラクションと考え、前向きに捉えたいと思います。

休日のファンランにぴったり!刈谷市を舞台にした本格謎解きゲーム。

提示されたクエストを解きながらゴール(答え)にたどり着く、いわゆる「謎解きゲーム」。謎を解くには町をめぐる必要があるため、ランニングとの相性ぴったりなのです。

自分も他人も快適に!ランニング中の汗対策あれこれ。

これから蒸し暑くなるにつれ、少し走っただけでも汗が流れます。本人は爽快な気分でも、他人からみれば「汗ダラダラの人」が隣にいるだけで不快なもの。汗ダクになる機会が多いランナーは、とくに周囲への気配りが必要です。

実走!名古屋RUNコースvol.140「多度山・眺望満喫コース(桑名市)」。

養老山地の南端に位置する多度山を走ってきました。最寄り駅(養老鉄道多度駅)まで名古屋から約40分とアクセスの良さもあり、ナゴヤランナーのガチ練ポイントとして人気があります。

暑い日のランニングのメリット!「汗腺強化」で本格的な夏に備える。

ゴールデウィーク中は全国的に気温が上がり、上着いらずの暑さとなりました。このままいくと今年の夏はどうなってしまうのでしょうか。